「NEOもMOVEもだめでした!」と言われることが、わりとよくあります。

NEO(小学館)もMOVE(講談社)も、と訴えるその後ろには「定番なのに」「人気なのに」「うちの子だめなんでしょうか」といういろいろな気持ちが詰まっていることが多いのですが、悲しくなる前にぜひ確認していただきたいことがあります。

図鑑もお子さんも悪くない、ときっと思えるはず。

それでは、チェックポイントをご紹介していきましょう!

まず確認! そもそも、絵本や本を読む習慣はありますか?

「本を開くとおもしろいことが書いてある」ということを、子どもは最初から知っているわけではありません。もちろん、図鑑で何かわからないことが調べられることも知りません。これは、まわりの大人の働きかけで、はじめてわかることなのです。

本を読む習慣がないならば……

  • まずは一緒に読んでみる、調べてみる。
    お子さんが小さければ小さいほど、大人(特に親)と一緒に何かできるのを喜んでくれます。お子さんに聞かれたことを調べたり、パラパラめくって気になるところを見たりするだけでも、OKです。

ちなみに、調べたところに付箋を貼るのもおすすめです。自分の本だといううれしさがあれば、貼る行為そのことへの喜びもあり、俄然やる気が出るようです。

図鑑のテーマに関する読みもの(お話や科学絵本)を読むことで、本の楽しさも共有できます。

その図鑑、お子さんが好きなジャンルですか?

特に、「勉強によさそう」「定番のジャンルだから」という理由で大人から渡したものは、最初は物珍しさで手に取ったとしても、その後は触れもしないということもあるでしょう。

でも、仕方ない! 大人だって、興味がないものを無理に見るのはつらいですよね。

とはいえ図鑑が本棚(家)にあるというだけで、何気なく手にとること(さらに「はまる」こと)もありますし、「そういうジャンルが世の中にある」ということが子どもにインプットされるので、決して無駄ではありません

それでもすぐに読んでほしいなら……

  • お子さんが本当に好きなジャンルの図鑑を用意する。
  • 好奇心を刺激する。たとえば、そのジャンルのテレビを見たり、実物に触れる機会を増やしたりするのも有効です。
  • まずは大人から、図鑑を読んでみる。

難易度は合っていますか?

興味のあるジャンルのはずなのにあまり見ない、最初はうれしそうに見ていたけれど途中からパッタリ触れなくなった、という場合、ひょっとしたら、書いてあることがよくわからないのかもしれません。

図鑑好きにも、絵や写真を見ているだけで楽しいという子もいれば、何が書かれているかを知りたい子もいます。特に後者の場合「読めない」「読めても理解できない」ことがストレスになる可能性も。

小学生向けの定番の図鑑と言われているものであっても、難しめの解説もあるということは知っておくといいでしょう。

難しいのかもしれないと思ったら……

  • 一緒に読んだり、調べたりする。
  • 図鑑の難易度を下げる。

手に取りやすいところに置いてありますか?

図鑑の置き場所は、小学校低学年までなら、「家族との会話が一番多い場所」がベストだと思います。会話の途中で調べたくなったら、すぐに使うことができるからです(大人がすぐに検索してしまうのと同じ感覚です)。

リビングのほかにも、いろいろな場所が考えられます

  • 食事の時間によく話したりダイニングテーブルで勉強したりする場合は、ダイニング。子ども部屋でお絵かきをするときに使いたい子なら、子ども部屋。寝る前にゆっくり読むなら寝室。ご家庭、お子さんにあった場所に置いてください。
  • いずれにしても、たいていの図鑑は重いので、手の届く下の方に置くのがポイントです。
図鑑

最後にこんなことをいうのは申し訳ないような気がしますが、 上のチェックポイントをクリアしても、まだだめだということもあるでしょう。

私は、図鑑を読むのはいいことだ、と思っていますが、それでも、読まなくてはいけないもの、お子さんが読まないからといって怒ったり悲しんだりするものではないと考えています。

何より大切なのは、お子さんが毎日幸せであること、幸せを感じられるような心が育つこと、です。そのための手段は何であってもかまわないのです(もちろん、図鑑や絵本が、小さなお子さんにとって強力な手段であると信じているからこそ、ご紹介しているのですが、目的が達成できるのであれば、別のものであってもいいのです)。

大人の場合、学力UPにつながるかも、なーんてつい欲を出しがちですが、「日常の楽しみの一つ」として、ぜひ、ご家族で楽しんでくださいね。

Pick up!