【小学校高学年】読書感想文コンクール課題図書を楽しもう!

今年も読書感想文の季節がやってきました。

第67回青少年読書感想文全国コンクール(2021年)の課題図書について、ストーリーや楽しく読んで楽しく書くポイントをご紹介します。次は、小学校高学年の部です。

読書感想文を書くヒントをご紹介するため、物語の結末もご紹介しています。ご注意を!

目次

『エカシの森と子馬のポンコ』

主人公は、北海道の牧場で生まれ、そこを逃げ出して一人で生きている子馬のポンコ。ポンコと森の長老であるハルニレのエカシや、カメムシとの会話で、物語は進みます。

感じること、考えること、心と身体、命― ポンコが不思議に思うことを一緒に追っていくうちに、その成長が伝わってきます。自然の美しさ、アイヌの歴史も織り込まれ、異空間を旅しているような気持ちになるような物語です。

読む&書くを楽しむポイント

  • 気になる会話はありましたか? 共感、納得、わからないなど、自分の気持ちや考えと比べてみましょう。
  • 大人になるというのは、どんなことなのでしょう。少しずつ変わっていくポンコの姿から、何か発見がありましたか?
  • ふわっとした、少し詩的な描写が少しわかりにくいなと思ったら、急がず焦らず、本を置いて目をつぶり、情景を想像してみてください。

【キーワード】成長、自然、命、アイヌ、馬

『サンドイッチクラブ』

珠子は、中学受験生。塾で出会ったヒカルと共に、砂をけずって像を作るサンドアートの対決に挑むことになります。「変わらない景色の中で、砂はたえず動いている」― 広い世界と自分、自分とその内側にあるさまざま感情など、一粒の砂にいろいろなものが見えてきます。

珠子が見学に行った中学校の先生のことばも印象的です。

将来を決めたからといって、すんなりうまくいくとはかぎらない。むしろ、うまくいかないほうがはるかに多いでしょう。芽が枯れても、心まで枯れない人。新たな種を育てようとする人。そういう人になってもらえるように、生徒たちをサポートしていくのがわたしたち教師の使命だと思っています。

将来について悩んでいる人も、きっと心が動かされると思います。

読む&書くを楽しむポイント

  • 成績優秀ながら貧しい生活をし、おばあちゃんの影響で戦争を恐れるヒカル、海外でも活躍している砂像彫刻家のシラベさん、同じ塾に通う友人たちなど、たくさんの人が出てきます。気になる人や、気になる理由に注目してみましょう。
  • 戦争や難民は、自分とは縁がないような気がしませんか? 登場人物の体験を通してそれらに触れることで、身近に迫ってきます。

【キーワード】友人、夢、受験、戦争、貧困

『おいで、アラスカ!』

てんかんを持つスフェンと、両親の店が強盗に襲われた経験のあるパーケル、そしてスフェンの介助犬であり、元はパーケルに飼われていたアラスカの物語です。「いまこの瞬間、どんなことが起こったっておかしくない」という大きな不安を抱える二人の勇気や希望に、力強く励まされます。

また、「今」の問題が取り上げられているのもポイント。てんかんの発作で倒れたスフェンを映した動画が出回ってしまうのです。SNSの底知れない怖さに、きっとゾクッとするでしょう。

読む&書くを楽しむポイント

  • 大嫌いな人がいる、信じられないほどの失敗をしてしまった、もう立ち直れないと思う、そんなときはありますか? 何か悩んでいることは? 自分と重なる部分や希望が見つかるかもしれません。
  • 「自分用のスマホ」を手に入れて、インターネット上の自由や友情をたっぷりと味わっている人は、新しい視点を手に入れることができます。

【キーワード】友情、個性、バリアフリー、病気、悩み、介助犬、SNS

『オランウータンに会いたい』

オランウータン研究者が、その研究とオランウータン、オランウータンを取り巻く環境について書いた本。ユーモアがあってわかりやすく、研究者の生活やオランウータンの生態など驚きも多いので、楽しく読み進められます。

研究者の生活についても書かれているので、憧れの研究者がいる人、将来学問の道に進みたいと思っている人には特におすすめです。著者は、大学院の研究室を訪ねたとき「動物の研究者になりたいなんて、『芸能人になりたい』っていうのと同じだぞ」「それでもどうしても動物の研究をしたいというバカなやつは、俺は人類の宝だと思う!」と言われたそうです。そんなふうに言われたら、あなたならどうしますか?

読む&書くを楽しむポイント

  • オランウータンを守るために私たちができることも紹介されています。オランウータンや地球と、自分の生活とのつながりを考えることができるでしょう。
  • 著者は女性です。「女らしくしなさい」「女の子はそんなに勉強ばかりしなくていいよ」と言われている人にはぜひ読んでほしい! 元気が出ますよ。

【キーワード】生き物、オランウータン、自然、環境、研究

目次
閉じる