小学校入学準備・小物

新2年生の息子がいる、わが家の小学校入学準備についてご紹介。今回は小物編!

用意したもの

1.学校指定のお店で購入

  • 上履き
  • 体育館履き
  • 通学用黄色帽子(ゴムと校章を付ける)
  • 防災頭巾・カバー
  • 体育着(半袖シャツ・クォーターパンツ・赤白帽子)
  • 給食セット(白衣・帽子・マスク・袋)

学校指定といっても「ここで買えます」という程度だったのだけれど、最初は慎重に……とそちらで購入。説明会にも販売コーナーは混雑と寒さに負けて断念、後日店舗に伺うことに。でも、迷ったときに、お店の方に他のご家庭のチョイスを聞けたり、暖かい店内で落ち着いて試着できたりしたので、逆によかったです。

2.好きなお店で購入

  • ランドセル(曾祖父からのプレゼント)
  • 手さげ
  • 体育着入れ
  • ナフキン
  • ナフキン入れ
  • 上履き入れ
  • 体育館履き入れ

手さげと体育着入れは、COLORFUL CANDY STYLE(カラフル キャンディ スタイル)さんのもの。同じデザインのものはもうないけれど、こちらが同じタイプ。

 

手さげは、プールバッグとして売られている、防水ビニールコーティング レッスンバッグ。小1男子、傘なんてあってないようなものなので、濡れても気にならない素材は本当に重宝。

ナフキンは、妹からのプレゼントや、本人の希望で家で使っているfog linen workのものなどを使用。年長当時「キャラクターは子どもっぽいから嫌だ」と言っていたのに、今は「ドラえもんとかジョージとかでもよかったかも」と若干の後悔があるモヨウ……。

ナフキン・上履き・体育館履き入れは、OCEAN&GROUND(オーシャンアンドグラウンド)のもの。ナイロン・ポリエステルで、丈夫で汚れにくい。色やサイズがいろいろあるので、選ぶのも楽しい!

 

ただし、家庭での洗濯不可。私は自己責任で洗っているけれど、気になる方にはおすすめしません。ひもが、コットン素材の丸紐に比べると少しほどけやすいのも難点。ちなみに、巾着型なのは、学校の指定だからで、靴の出し入れはシューズバッグの方がしやすそう。

///

学校からは「小物類は同じ柄で揃えると、覚えやすくていいですよ」と説明があったものの、保育園の頃の息子の様子から、覚えやすさはそれほど重視していませんでした。ある程度揃えたのは、あくまでも見た目スッキリを好む私のため。それが。

なんと、入学してから同じ柄の効果を実感!

つまり、お友だちが柄を覚えて、ポロポロと忘れてしまう息子をきっちりフォローしてくれるのでした(なんとも言えない現実)。本当にありがたい……。

入園祝いの記事ですが、入学準備のご参考にもどうぞ
入園祝いの定番や相場・マナー ママも子どもも喜ぶギフトはコレ!

3.自主的に買い直したもの

  • カサ
  • レインコート

保育園のときのカサではランドセルがカバーしきれず、慌ててサイズアップ。

男子のカサはすぐにダメになる(壊れる・穴が開く・骨が折れる・なくす)と言うけれど、今のところまだ現役。帰りに晴れてしまうと学校に忘れてくることもあるので、こちらもストックを置いています。ただし(使い方もあるとは思うけれど)、少しさびやすい気がします。

レインコートはこちら。大きいサイズに買い直し。

学校では濡れたかっぱを置くところがないから使わないと聞いていたので、キツキツかっぱで過ごした年長さん。でも、なんと低学年はまだまだ着ている子が少なくなく、どしゃぶりのときは6年生でも着ているということが判明(そして息子に謝る)。

付属の袋をレインコートのぽっけに入れていき、昇降口で脱いだら袋にサッと入れるだけの楽ちんさ。ランドセルや身体を拭くのが面倒な息子は、小雨でもレインコート派に転向。

///

布ものは、かける場所によって持ち手の長さや紐の形が決まっているなど、細かな指定が多くて慌てました(園で使っていたものの再利用もできないし……)。でも、だからこそ、せっかく買ったのに使えなかった、ということがないのかも。

なお、ネットショップあるある……で、迷う心を落ち着かせるべくお茶を淹れている間に売り切れてしまった!なーんてことも。ササッと決めて発注してからお茶、が鉄則です。

Pick up!